成り立ち

会社案内 | 成り立ち | 社長挨拶 | 社員の仕事紹介 | 交通・アクセス・事業所 | 機械設備

シンボルマークの意味

第一合成 シンボルマーク

第一合成株式会社は先進の産業に貢献する事業と先代の文化財を保存する
という2つの異なる事業から成り立っています。

その2つの事業が融合し、力を発揮し、ひとつのカタチとなるイメージを形にしました。

第一合成の歴史

img_02_03 img_02_05 img_02_02 img_02_06

昭和50年 9月 合成樹脂総合商社を目的として設立。
同年に大阪市に大阪営業所を開設
昭和51年 9月 関東営業所を八王子市に開設
昭和58年 2月 八王子市元本郷町に板材加工場を新設する(第一工場)
新分野静電気対策製品の開発を始める
昭和60年 3月 新製品TOMの研究開発完了
昭和62年 5月 八王子市平岡町に生産力増強の為、新鋭量産ラインを設備(第二工場)
平成2年 8月 滋賀県蒲生郡日野町に滋賀工場を新設し西日本方面への供給体制を整える
平成4年 10月 BENT WP開発チームを八王子市八木町に開設
平成9年 4月 八王子市川口町に生産力増強の為、第二工場移転
平成12年 3月 武蔵野市西久保に開発プロジェクトグループの新設と経理・総務部の移転
平成13年 4月 八王子市元本郷町に八王子工場を新設
平成14年 4月 液晶工程ライン用トレイの開発、及び製作販売専門部署を設置し活動を始める
平成15年 3月 プラスチック製品の少量多品種対応簡易金型(射出成形用)
及び小ロット生産成形品の受注活動をスタートさせる
平成16年 11月 八王子市元本郷町に営業本部,総務・経理部を移転
平成17年 12月 エコステージ開始
平成19年 1月 エコステージ認証取得
平成19年 12月 第5回 多摩ブルー・グリーン賞 受賞
平成23年4月 ラインパレット拡販のため滋賀工場に一括体制
平成24年3月 文化財継承ブランド『TASUK/』を発表