問題解決事例集 ズバッと解決!

問題解決事例集

第一合成では、お客様の異なる悩みを丁寧に解決させて頂きます。
どんなお悩みでもご相談下さい!

手持ちの箱で様々な基板サイズに対応できる仕切板が欲しい

簡易式ラックトレー 画像

お客様の課題

実装基板の製造・搬送で使っている手持ちの箱に入れる電子基板が毎回変わるお客様。毎回作る基板の大きさが変わるたびに箱と仕切りをセットで購入していた。毎回購入すると経費もかかるし、箱の場所もとってしまう。箱の中に入れる仕切りの大きさだけ変更したいが、仕切りも使いまわしたいのでフレキシブルに変更できるものがほしい。

解決ポイント

当社の簡易型ラックトレーをご提案。箱本体に加工することなく、箱にそのままで入れられる簡易式ラックトレーなのでお客様の手持ちの箱に簡単に入れられることが可能。異なる基板サイズを収納したい場合は、ラック用仕切り板(波板付き)の仕様のみを変更することで対応可能。基板が変わってもコンテナを買い替えるコストがかからなくなるということでご採用頂く。

[ 簡易式ラックトレーの製品ページはこちらから ]

ダンプラの仕切り上部の鋭利な断面を解消したい

基板を10枚程入れる仕様のボックスがほしい

お客様の課題

ダンプラの仕切り上部の断面が鋭利で、チップ部品の破損や人の手にかすり傷が絶えず困っている。

解決ポイント

導伝発砲PPシートを折り曲げて断面を出さない形状の仕切りサンプルを提出。評価後問題点が大幅に軽減された為、ご採用頂く。

20個単位で製品を管理できる仕切りが欲しい

10個単位で製品を管理できる仕切りが欲しい

お客様の課題

製品を1つのBOXに20個単位で管理したいが、製品の大きさが箱に合わず、18個しか入らない。20個入れられる方法はないか?

解決ポイント

9×2列の18個入りになるところ、スペースの取り方を工夫して20個入りにしてご採用頂く。

製品が取り出しやすい仕切りを作りたい

製品が取り出しやすい仕切りを作りたい

お客様の課題

ダンプラBOXに入れた部品を仕切りから取り出す際に取り出しやすくしたい。製品が、手持ちのダンプラBOXの有効内寸法よりも高い。製品が箱に収まるようにできる仕切りにしたいが、何か良い方法はないか?

解決ポイント

お手持ちのダンプラBOXに入れる仕切りを斜めにすることをご提案。これにより製品がお手持ちのダンプラBOXからはみ出ることなく収納でき、製品も取り出しやすくなったとご採用頂く。

大リールを入れる棚に適したケースがほしい

大リールを入れる棚に適したケースがほしい

お客様の課題

大リールを入れるリール棚に使いたいが、大リールが重いので、重みで仕切りが傾いてしまう。傾かないようにできる方法はないか?

解決ポイント

ダンプラ導電で上部に補強を入れた形でのリール専用ケースを作成、スペーシアでボックスサイズのオリジナルの作業台を作成し、移動できるようにした。どこにでも持ち運べ、人の作業の高さに合わせているのがポイント。

ワイヤーを入れるボビンとそれを入れるケースを作りたい

ワイヤーを入れるボビンとそれを入れるケースを作りたい

お客様の課題

ワイヤーを入れるボビンとそれを入れるケースを作りたい。

解決ポイント

緩衝材(ビーズ発砲のポリエチレン)でボビンを作成。
ボビンを受け止め・出し入れしやすくできるようケースの底面には緩衝材を貼った。

基板を10枚程入れる仕様のボックスがほしい

基板を10枚程入れる仕様のボックスがほしい

お客様の課題

実装基板の搬送形態に困られていたユーザー様。基板を10枚程度入れるBOXが欲しいが、BOXと基板のスペースが無く、通常の組仕切りでは対応不可能で困っている。

解決ポイント

仕様案を練り、ダンプラのコの字(ベース)にミゾをつけ、その部分に仕切り板を差込み基板10枚搬送ケースを提案。基板の搬送効率が上がったとのことで、ご採用頂く。