技術解説 ドクターMの研究室

ラインパレットのベース素材について

ラインパレットに使われる素材に関して紹介します。
パレットのベースの素材選定は、用途や流れるライン形状により選定されます。
第一合成では打ち合わせの中で一番適した素材をお客様と一緒に選定させて頂きます。
パレットの上に載せるワークの素材、形状、重量、ラインの形状などお聞かせください。

●弱電関係でよく使われる軽く、耐久性のあるパレットです。

PP+ランバーコア+PP   弱電関係 (油のつかないもの)
PP+ベニヤ合板+PP

tech_v1_11

●耐薬品性のあるパレットです。理科室の机の上の板と同じ物を使用しています。

デコラ板+ランバーコア+デコラ板
デコラ板+ベニヤ合板+デコラ板
デコラ板+パーチクルボード+デコラ板

tech_v1_12

● 油などの付く自動車関係のラインに使われる素材です。

塩ビ+ランバーコア+塩ビ
塩ビ+ベニヤ合板+塩ビ

tech_v1_13

● 硬度と絶縁重視の素材です。

ベークライト

ベークライト

● PVC 3層エッジ

弱電などパレットとラインの当たりの優しい時に使用します。

tech_v1_18

● T型エッジ

机のサイドに使われている素材でコンベアとラインとの衝撃を吸収する作用があります。

tech_v1_19

● 精度のいるロボットで組み立てる場所に使われる素材です。

アルミパレット(耐熱 軽量)

coming_soon

● 塩ビを使用できないラインに使われる環境対応の素材です。

ABS パレット

coming_soon

● 加工精度のよい素材で高精度が出ます。

MCナイロン

coming_soon