header__subtitle

社長挨拶

代表取締役
河野 良子

2020年代はIoT、AIが進化し続ける中で、どんな世の中になっていくのでしょうか。全てを想像することはできませんが、私達が想像し得る限り、あらゆる分野で価値観の変化や今まで聞いたことがない職業や仕事が創出され、当たり前にあったことが無くなっている...そんな世の中が目前に迫っていると感じています。

創業以来、「無いものは作ればいい」という開拓者精神で静電気対策、文化財保存等の市場を切り拓いてきました。私達は「常識を疑う」「既存のやり方に疑問を持つ」ところからスタートし、トライアンドエラーを繰り返しながら、前進してきたことが今に繋がっています。これから先の未来も第一合成はこれまで持ち続けてきた開拓者精神にさらに磨きをかけ、小さなイノベーションの繰り返しを一層大切にしていく考えです。

これまでの多くの仕事は、課題解決型の仕事が中心でした。そのベースはこれからも変わりませんが、今後注力していくことは「先回りした提案力・構想力」です。私達は安定した市場に対して慣れ親しみ、その結果常識を疑わなくなった部分があることに危機感を覚えます。

変革期を迎えている現在、今一度原点に立ち返り、チャレンジャーとして既存の市場、新しい市場に果敢に挑戦していきます。その為には私達一人一人が想像力を高め、固定概念を疑い、人としての成長を互いに助長し合うことが大事なことだと考えています。さらに各々の殻を破っていく為にユニークな人材育成が不可欠であると考え、魅力的な人づくり、新しい価値観を受け入れる風土、雰囲気づくりを既成概念に捉われることなくできるように尽力して参ります。

2023年に第一合成は創業50周年を迎えます。これもひとえに日頃からお世話になっている皆様方のおかげでここまで来ることができ、心より感謝申し上げます。これからも一層皆様に喜んで頂ける「コトづくり」に精進していく所存であります。

代表取締役 河野 良子