header__subtitle

森林部門

昨今、森林は守り育てられてきたサイクルから育たないサイクルへと変わりつつあります。日本では鹿などの野生鳥獣被害が多発し、林業被害をもたらすだけでなく自然植生にも影響をもたらしています。 その背景には農山村の過疎化、高齢化にともなう林業の衰退、狩猟者の減少による捕獲圧の低下など、様々な要因があります。 生態系の保全、景観保全、災害等国土保全などの面からも、今こそ森林の保全が必要です。 森林をどのように守り、育て、次の世代へ繋げるのか。第一合成はお客様と共に森林保全事業を推進してまいります。