header__subtitle

サイトポリシー

第一合成株式会社ウェブサイト(https://www.daiichigosei.co.jp/)並びにそれに付随するメールなどのご利用に際しては、以下の点にご留意いただきますようお願いいたします。

ご利用環境について

下記のブラウザでご覧になることを推奨いたします。

スマートフォン
・iOS 最新版に搭載の Safari
・Android の Google Chrome 最新版

Windows
・Edge 最新版
・Google Chrome 最新版
・Internet Explorer 11

Mac
・Safari 最新版
・Google Chrome 最新版
・Firefox 最新版

当ウェブサイトの
内容・情報について
  1. 目的
    当ウェブサイトは商品・サービスをご紹介しています。
  2. 内容・情報
    当ウェブサイト並びにそれに付随するメールなどは、その正確性については万全を記しておりますが、場合により内容や情報を正確に表示できないことがあります。それらの内容や情報は、予告なく変更・改訂されることがありますので予めご了承ください。
  3. 準拠法
    第一合成株式会社は当ウェブサイトの管理を日本国において行なっております。当ウェブサイトのご利用に関しては日本法に準拠し、解釈されるものとします。
個人情報について
(個人情報保護方針)

第一合成株式会社は、個人の人格を尊重し、個人情報の保護に関する法令を遵守して個人情報を適切に取り扱います。

  1. 個人情報の保護に関する責任者を明確にし、社内規程を制定することにより管理体制を整備します。
  2. 個人情報は、あらかじめ本人に通知し、または公表した利用目的の達成に必要な範囲内で、適正かつ適切に取得し取り扱います。
  3. 個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等を防止する為、適切な安全管理措置を講じます。
  4. 個人情報を第三者に提供する際には、法令に従い必要な措置を講じます。
  5. 個人情報の開示、訂正、利用停止等のご要望及びお問合せに対しては、できる限り速やかに対応します。
  6. 社内教育・啓発活動を実施して個人情報の適正な取扱いについて周知徹底に努めるとともに、管理体制を継続的に見直します。
製品情報について

使用している画像は実物と異なって見える場合があります。販売価格については各営業所にお問い合わせください。

著作権について

当ウェブサイト並びにそれに付随するメールなど内容の著作権は、第一合成株式会社またはその作成者に帰属しています。これらの使用・転載・変更・改変・商業的利用などはご遠慮ください。

商標権について

当ウェブサイト上に掲載されている商品やサービスに関するロゴやマークなどは第一合成株式会社に商標権またはその使用権が帰属しています。これらを使用して商品・サービスと関係があるような誤解を招く恐れのあるウェブサイトを作成するなどの行為はご遠慮ください。

ウェブサイトへの
リンクについて

当ウェブサイトへのリンクをご希望の場合は、トップページ(https://www.daiichigosei.co.jp/)へリンクを設定してください。なお、以下のようなリンクはご遠慮ください。

(1) 公序良俗に反するコンテンツ、違法なコンテンツ、またはそれらの可能性あるコンテンツを含むサイトからのリンク

(2) フレーム機能を使用したリンクやその他、第一合成のコンテンツであることを不明にするなど、著作権を侵害する形態のリンク

(3) 商業目的・営利目的によるリンク(対価利益を得る目的によるリンク)

※ (3)に該当するリンクを貼る場合は第一合成(株)に御連絡をお願い致します

個人情報の収集と利用
  1. ご入力頂いた個人情報は以下の目的で利用します。
    • 弊社がユーザーにとって有益だと判断するサービスにおける、郵送による送付、並びにメール・電話・FAXでの連絡。
    • 希望されたお問い合わせ内容に関するパンフレットなどの郵送物の送付、並びにメール・電話・FAXでの連絡。
    • 本サービスの品質向上のためのアンケート調査・分析。
    • 本サービスの運営上、著しくユーザーに影響が有ると思われる場合の郵便物の送付、並びにメール・電話・FAXでの連絡。
  2. ご入力頂いた個人情報は、弊社が定める個人情報保護マネジメントシステムに従い、弊社が管理、保有するものとします。
  3. ご入力されたすべての情報に対し、お客様からの要望があった場合速やかに変更・削除を行います。
  4. 入力いただいた個人情報はご本人の同意がある場合を除き、第三者に公開、提供は致しません。ただし、個人を特定できないよう統計的に処理したデータとしては第三者に開示する場合があります。
    • 法令の定めに基づく場合
    • 人の生命、身体または財産の保護のために必要であってご本人の同意を得ることが困難な場合
    • 司法手続き上必要不可欠である場合