鹿用GPS首輪発信器 GLT-03

鹿の行動調査や獣害対策にお使いいただけます。
GPS首輪を鹿に装着して現地へ行くことで動物の位置情報を首輪発信器本体に記録しリアルタイムに検知し、専用スマートフォンGL-Link Manager2の地図上に動物の現在位置を表示することができます。さらに、動物位置情報システム ANIMAL MAPを導入することで、PC、タブレット、スマートフォンのブラウザからも位置情報を得ることも可能です。
また首輪発信器は、遠隔操作で脱落させることができます。脱落機構には「非火薬方式」を採用しました。(火薬類取締法に抵触しません)


電波適合規格 ARIB STD-T99
150MHz帯
価格 200,000円(税抜)

項目 仕様ほか
電波適合規格 ARIB STD-T99
送信周波数 CH-1:142.94MHz、CH-2:142.95MHz、CH-3:142.96MHz、CH-4:142.97MHz、CH-5:142.98MHz
送信出力 40 mW
製品重量 S = 320g以下、L = 350g以下
首輪ベルトのサイズ ①首周:Sサイズ = 330mm±60mm Lサイズ = 500mm±80mm
②ベルト幅:約25mm
※取り付けビス用のベルト穴は、回転式穴あけパンチ等を使って加工できます
③ベルト素材:オリフィン系熱可塑性エラストマー(TPO)
電源ON/OFF 磁石の取り外し/取り付けで行います
脱落機構 非火薬方式を採用し、遠隔操作にて脱落します(首輪の脱落は1回のみ)
電池寿命 約1年 [条件] GPS測位回数/1日24回, ビーコン発信スケジュール/1日3時間, ビーコン発信周期/3秒
※GPS測位回数の目安は約9,000ポイント
※電池寿命は、GPS測位スケジュールとビーコン発信スケジュールパターンにより決まります。
実用通信距離 2km以上
※平地見通し

※仕様は予告なく変更することがあります。

GPS首輪 GLT-03の特長

特長1 技術基準適合証明取得済

平成20年に施行された新電波法に基づく「特定小電力無線局150MHz帯動物検地通報システム用無線局の無線設備 標準規格 「ARIB STD-T99」に適合した株式会社サーキットデザイン社製の製品を販売しています。発信器は技術基準適合証明取得済みで、ご購入いただいた後にすぐお使いいただけます。

特長2 伝播特性が良好な150MHz帯の5チャンネルを使用

山林内でも電波伝播特性の良い150MHz帯の周波数を採用し、複数チャンネルを使用することにより混信の少ない運用を実現しました。

特長3 実用通信距離:約2km(使用条件による)

動物の詳細な位置を特定できるGPS受信機能を搭載
GPS位置情報を首輪内に記録(およそ9,000ポイント記録可能)

特長4 リアルタイム位置探索

GL-Link Manager2利用時、画面に位置情報を表示

特長5 動物活動センサー、温度センサー内蔵

センサーのログを首輪に記録します

特長6 電池寿命:約1年(標準設定にて)

独自の電子回路技術と、発信パターンの最適化により、約1年の電池寿命を実現
※日本の電波法では、混信防止機能として識別符号を送出する必要があるため、海外製の発信器に比べて電池寿命は短くなります。(電池交換はできません)

特長7 防水構造

発信器が雨に濡れたり、発信器を取り付けた動物が川に入っても大丈夫な防水構造。

特長8 遠隔操作による首輪取り外し機能
(リモートコントロールによるドロップ・オフ機能)

ドロップ・オフ装置は、非火薬方式(非火薬のため火薬取締法には非該当)を採用しています。
ドロップ・オフは、GL-Link Manager2利用時にスマートフォンの操作により実行できます。(現地へ行き、GPS首輪と通信できる範囲内にて)
手動でドロップオフ可能。スケジュールにより自動でドロップオフさせることは不可。

特長9 ベルトの長さは動物に合わせて調整可能

ベルト調整可能範囲:Sサイズ = 330mm±60mm, Lサイズ = 500mm±80mmの2種類
※取り付けビス用のベルト穴は、回転式穴あけパンチ等を使って加工できます。

特長10 マグネットによる電源ON/OFF機構採用

完全防水を実現するために発信器外部から電源をON/OFFするリードスイッチが内蔵されています。本体内面のマグネットを外すことにより電源がONとなり送信が開始されます。